脊柱管狭窄症の疑いがあればまず受診|ヒトの骨格のど真ん中

病院

心療内科の慢性疲労の治療

看護師

慢性疲労症候群の治療は、慢性疲労外来がある病院や心療内科で治療することができる。慢性疲労症候群のはっきりとした原因は不明であるが、強いストレスが原因ではないかと言われている。心療内科で治療を受けると心の状態を改善することができ、慢性疲労症候群を治すことにつながる。

View Detail

骨の病気

医者

骨肉腫は骨に出来る悪性腫瘍のことを指し、関節にできる確率が高いです。治療としては手術や薬物投与、放射線照射があります。骨を移植する治療も発達してきたので、医師としっかり相談して治療することが大切です。早期発見と早期治療で病気を改善していきましょう。

View Detail

最近の血管治療

花

下肢静脈瘤の治療を始める際には、最初に詳細な検査を受けることが大切です。大阪の病院のように精密な検査態勢を整える医療機関を選ぶことが求められます。これからは、下肢静脈瘤などの血管治療に精通した専門医が必要とされていくでしょう。

View Detail

脊椎の老化で起こる病気

男性

脊髄が圧迫されて起こる

脊椎はヒトの骨格の中心をなす骨の連なりであり、また同時に脳へとつながる神経の束を保護している組織でもあります。脊椎を構成する椎骨は中に椎孔と呼ばれる空洞部分を持ち、その中に脊髄という神経束を収めています。脳はこの脊髄で身体各部と連結しています。椎孔は頸椎から腰椎まで管状につながっています。これを脊柱管といいます。脊柱管は神経束がむき出しにならないように守っている組織なのですが、時にこの脊柱管の幅がだんだん狭まることで神経を圧迫してしまうことがあります。このような症状を脊柱管狭窄症といいます。脊柱管狭窄症は外傷や重い物を持つ作業をした時などに急激に発症することもありますが、多くは脊椎の老化が原因で起こります。発症した場合は整形外科で治療を受けることになります。ヒトの骨格のど真ん中にあり、これのお陰で身体が支えられているのです。

診療は整形外科で

脊柱管狭窄症は脊椎のどの部分でも起こる可能性がありますが、負荷のかかりやすい腰部での発症例が目立ちます。そのため症状も腰痛や足腰のしびれ、歩行障害などが主なものとなっています。脊柱管狭窄症の治療には、手術と手術以外のものとの2種類があります。手術以外の治療にはコルセットの装着や血流改善薬の投与などがあります。神経ブロックという、消炎鎮痛剤を神経に直接注射して痛みを抑える治療が行われることもあります。一方、手術による場合は狭窄部分を切開し、圧力を和らげる治療が行われます。脊柱管狭窄症は日常動作を行う際に常に姿勢を正しく保つよう注意することで、ある程度予防できます。また症状が出た後も杖を利用するなどして姿勢を工夫して歩くようにすることで痛みを抑えることが可能です。